ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月06日

ここにきて2連敗のブレーメン、M・エッゲシュタイン「立て直せる」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節にここまで不振が続くレヴァークーゼンに、2−6とまさかの大敗を喫した今季好調のブレーメン。このまま上位争いを続けていくためにも、週末のマインツ戦ではぜひともそのリアクションを期待したかったところだったのだが、逆にブンデス最少得点のクラブを相手に2失点。1−2と返り討ちにあっている。

 決してその分析は、フロリアン・コーフェルト監督にとって容易なものではないだろうが、「試合に臨む姿勢が悪かったとか、メンタル面の問題だとは思っていない」とコメント、「すぐにこれと言うことはできない。まずは選手たちと話し合って理由を見出していかないと」と言葉を続けている。

 またミヒャエル・エッゲシュタインは、「1週間、話し合う時間があるし、見出していけると思うよ。十分に経験のある選手が揃っているからね」と述べつつ、ただレヴァークーゼン戦での影響については「見て取れた」と指摘。理由としては、ドイツ杯2回戦が中日にあったことで「しっかり分析する時間がなかった」と語った。

 「僕たちとしては次の試合でまた、ブンデス8節までのみせていたような戦いをしなくてはならない。うまく合わせて、自分たちの力を発揮すること。それはできれば、グラードバッハが相手でも倒せると思う。でもそれなくしては無理だよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報