ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月08日

モイサンデル、年内までの強敵たちとの対戦に「僕たちにもクオリティがある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンは好調な戦いを続けていたヴェルダー・ブレーメン。第8節終了時点では3位につけていたものの、最近2試合では逆に今季苦しい戦いがつづくレヴァークーゼン、そしてマインツにも敗戦。嫌な流れへと入り始めているところだ。

 しかしニクラス・モイサンデルは「そこまで大げさに考えているわけではない」ことを強調しており、「ここ2試合はあまりよくなかったけど、でも今は強敵を相手に勝利をおさめるチャンスなんだ。それができればまたよくなっていくよ」とコメント。

 「これから強敵が続くよ」と笑顔で語っているように、これからブレーメンはグラードバッハ、フライブルイク、バイエルン、デュッセルドルフ、ホッフェンハイム、ライプツィヒと、年内終了までハードな対戦が控えている。「でも雰囲気は良いよ。特に不安を感じているわけでもない。十分にクオリティがあるチームだし、土曜日は集中して試合に臨むよ」

 なおマキシミリアン・エッゲシュタインが練習中の対人戦で負傷、ゴルフカートで運ばれる姿が見受けられたが、木曜日には練習復帰することがクラブ側より発表。さらに負担を考慮して別メニューをこなしていたクラウディオ・ピサーロも含め、長期離脱選手以外は全てガオぷしょんとなることができそうだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報