ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月29日

パヴレンカ「今年のバイエルンはそこまでの強さはない」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 最後にヴェルダー・ブレーメンがバイエルン・ミュンヘンから勝利をおさめたのは、ちょうど10年前の9月20日にミュンヘンで行われた試合にまで遡らなくてはならない。つまりは最近19試合で連続未勝利、加えて15連敗のおまけつきでもある。

 しかし守護神ジリ・パヴレンカは「バイエルンは今は、あまりいい時期にはない」とコメント、「勝利をつかめる確かなチャンスがある、そう期待しているところだよ」と言葉を続けている。

 ただ火曜日に行われたチャンピオンズリーグGL第5節ベンフィカ戦では、ホームの観衆をゴールラッシュで沸かせ、5−1で快勝をおさめてはいるものの、それでも「バイエルンにとって良い試合だったのは確かだけど、でも土曜日の試合はまた別物だと思っている。危機的状況は1試合くらいで脱却できるものではない」と語った。「今年のバイエルンは、これまでのシーズンとは異なり、そこまでの強さを見せているわけではないし、どんな連続記録もいつかは止まるものだよ」

 その一方でヴェルダー・ブレーメンは最近4試合で未勝利、前節ではフライブルクを相手に土壇場で同点に追いつき勝ち点1は確保したものの、それでもパヴレンカの好セーブに助けられたところもあり、今回のバイエルン戦ではブレーメンの選手たちには守備面での改善もまた求められることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報