ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月13日

コーフェルト監督、シャヒンを絶賛「期待の10倍応えている」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節ではようやくリーグ戦5試合連続未勝利をストップさせることに成功した、ヴェルダー・ブレーメン。今週末は今度はここまで無敗の首位ボルシア・ドルトムント戦を迎えるところだが、フロリアン・コーフェルト監督は「ただ守るだけの試合をしに行くわけではない。自分たちからも仕掛けていきたい」と意気込みをみせた。

 この試合に向けて、特別な面持ちで臨むのがヌリ・シャヒンだ。ドルトムントで大きく飛躍を遂げ、レアル・マドリードやリヴァプールでもプレーした同選手は、ドルトムントでファンから愛される存在でありながらも今夏に出場機会を求めブレーメン移籍を決断。「この試合がいかに大きな意味をもっているかはわかっている」と語ったコーフェルト監督だが、
それと同時に「それで起用法へ影響を及ぼすものではない」とも強調している。確かにボランチではバルグフレーデが負傷離脱中だが、前節のデュッセルドルフ戦では欠場。

 指揮官は「もちろんヌリがプレーする可能性はある。ただ出場機会がなかったとしても、彼はうまく対応できる。それだけの経験をもった選手だ。常にチームのことを考えることができる」と評価、「少なくともピッチ外では期待値の10倍は貢献してくれているよ」とプロフェッショナルと勝利への意識の高さをあげ、「彼との話し合いは選手と監督以上のものへと及ぶ。それに選手としても、私はヌリに対して満足感を覚えているところだ」と語った。「彼が夏の準備期間に全く参加していないことを忘れてはいけない」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報