ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月07日

ブレーメンの若手MFコイパーが、2部アウエにレンタル

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでに移籍の可能性が取りざたされ、今冬の南アフリカへのトレーニングキャンプに帯同していなかったことからも、まもなく成立することが示唆されていたオレ・コイパーだが、ヴェルダー・ブレーメンは日曜、同選手が2部エアツゲビルゲ・アウエに1年半レンタル移籍することを発表した。

 マネージャーを務めるフランク・バウマン氏は、「今回の決断は、オレと共に下したものだ。彼の成長のためには、定期的に出場機会を得られるチャンスが必要だよ。だがうちでは彼のポジションにおける選手層が厚い。だからアウエへのレンタルは価値のあるステップだといえるよ。そこでコンスタントに成長していけることだろう」と説明している。

 一方でコイパーは、新天地での挑戦を前に「これまでブレーメン一筋できた僕だけど、これからの新しい挑戦、タスクを楽しみにしているところだ。アウエで次のステップへと踏み出したいし、最終的にはブレーメンでキャリアを重ねていきたいと思っている」とコメント。

 2005年にブレーメンの門を叩いた若手ボランチは、これまで一貫してブレーメンのユースにて育成されており、確かにトップチームデビューは果たしたものの、まだその1試合のみにとどまっているところだ。(U23では57試合に出場4得点をマーク)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報