ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月14日

日本代表、2連勝でアジア杯決勝T進出! 原口のPK弾でオマーンを下す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 AFCアジアカップUAE2019・グループステージ第2節が13日に行われ、日本代表とオマーン代表が対戦した。

 引き分け以上でグループステージ突破が決まる日本はGK権田修一、DF酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、長友佑都、MF遠藤航、柴崎岳、堂安律、南野拓実、原口元気、FW北川航也の11人が先発に名を連ねた。

 立ち上がりから攻勢に出た日本は開始2分、右サイドをドリブルで突破した堂安がグラウンダーで折り返したボールに原口が合わせたが、シュートは惜しくもクロスバーを叩いた。さらに7分と12分には南野が立て続けに決定機を迎えたが、決め切ることができない。それでも28分、原口が自ら倒されて得たPKを成功させ、日本が先制した。

 後半は決定的なチャンスを作ることができなかった日本だが、オマーンに得点を許すことなく時計の針を進め、このまま1-0でタイムアップ。2連勝を飾り、決勝トーナメント進出を決めた。

 日本は17日にグループステージ第3節でウズベキスタン代表と対戦する。

【スコア】
日本代表 - オマーン代表

【得点者】
1-0 28分 原口元気(PK/日本)

【スターティングメンバー】
日本代表(4-2-3-1)
権田修一;酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都;遠藤航、柴崎岳;堂安律(84分 伊東純也)、南野拓実、原口元気;北川航也(57分 武藤嘉紀)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報