ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月15日

ブレーメンとケルンが、カインツの移籍で合意

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通り、ヴェルダー・ブレーメンに所属するフロリアン・カインツが、ブンデス2部1.FCケルンへの移籍間近にまで迫っている。あとはメディカルチェックをパスするばかりとなっており、それから2022年までの契約にサインをする見通しだ。

 今シーズンのカインツはこれまで、ブレーメンではバックアップ以上の役割をなかなか得られない日々が続いており、今季はリーグ戦8試合に出場。そのため2年半過ごした「とても居心地のよかったブレーメン」を後にする決断を下したことを明かした。

 そしてそのオーストリア代表が選んだ、新たな戦いの舞台は、ブンデス2部で現在首位に立つ1.FCケルンだ。すでにクラブ間で合意に達したことを、ブレーメンでマネージャーを務めるフランク・バウマン氏が明かしており、あとはメディカルチェックを残すのみ。ただ今は1.FCケルンはマジョルカにてトレーニングキャンプ中であることから、戻ってくる金曜日にもメディカルチェックを受けることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報