ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月25日

日本代表、堂安の“VAR弾”でベスト4進出! FIFAランク100位のベトナムに辛くも勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AFCアジアカップUAE2019・準々決勝が24日に行われ、日本代表とベトナム代表が対戦した。

 サウジアラビア戦から中2日でベトナム戦に臨む日本の先発はGK権田修一、最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都。遠藤航と柴崎岳がダブルボランチを形成し、2列目は右から堂安律、南野拓実、原口元気の3人。最前線には北川航也が起用された。

 38分、連携ミスから吉田がペナルティエリア内でボールを奪われ、ベトナムに決定機を許す。しかし、これをGK権田がファインセーブ。逆に45分には中盤でパスカットした柴崎から堂安へと繋ぎ、最後は南野がシュートを放ったが、今度は相手GKが好セーブで弾き出す。前半はスコアレスで折り返した。

 後半立ち上がりから攻勢に出た日本は53分、ドリブルで仕掛けた堂安がペナルティエリア内で倒された。ファウルの判定はなかったが、その後VARによる検証の結果、日本がPKを獲得。これを堂安が自ら右隅に決めて、先制に成功する。

 このまま試合は動かず1-0でタイムアップ。日本はベスト4に進出した。28日(月)に行われる準決勝の対戦相手は、24日(木)25時から行われる中国代表とイラン代表の一戦で決定する。

【スコア】
日本代表 1-0 ベトナム代表

【得点者】
1-0 57分 堂安律(PK/日本)

【スターティングメンバー】
日本(4-2-3-1)
権田修一;酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都;遠藤航、柴崎岳、堂安律、南野拓実(89分 塩谷司)、原口元気(78分 乾貴士);北川航也(72分 大迫勇也)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報