ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月15日

コーフェルト監督「大迫勇也の出場はまだ厳しい」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「そろそろ重要な局面を迎えつつある。それはロッカールームにいる選手たちからも感じられることだ」と語った、ヴェルダー・ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督。「集中して、アグレッシブに臨んでいくよ」

 確かにそういった中で、後半戦では初戦のハノーファー戦で勝利をおさめ、今季好調のフランクフルトとドローを演じたところまではよかったものの、2週間前の最下位ニュルンベルク戦での痛み分けは残念なところではあった。

 だが前節ではアウグスブルクから4−0と快勝をおさめて再び10位へと浮上。欧州リーグ出場権争いに名乗りをあげていくためにも、ドイツ杯でドルトムントを撃破した勢いを元に、週末の8位ヘルタ・ベルリン戦で勝利をおさめておきたいところだ。「こういった時期ではとにかく流れに乗っておきたい。今はシーズンで一番いい時期だと思うね。まだ成功を手にする可能性が残されているんだ」

 ただその一方で、今回のヘルタ・ベルリン戦でも引き続き、大迫勇也は欠場する可能性がある。アジアカップ参加中に、同選手は背中に問題を抱えている状態であり、「勇也については難しいね」と指揮官。「ただまだ希望を完全に失ったわけではないが」と言葉を続けた。また前節で2得点をあげたミロト・ラシカについても、背中に問題で途中交代を余儀なくされていたものの、こちらについては今回の試合でも戦力として計算することができそうだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報