ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月08日

ブレーメン、ヨハネス・エッゲシュタインとも延長

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでに兄のマキシミリアン・エッゲシュタインは2週間前に、ヴェルダー・ブレーメンとの契約延長について明らかにしていたが、さらに本日月曜日にはその弟ヨハネス・エッゲシュタインも、今季までとなっていた契約の延長を結ぶことが明らかとなった。

 「ヨハネスは2013年に加入して以降、継続的に成長をみせてきたし、忍耐強く、精力的に取り組み、そして好パフォーマンスをみせてトップチームに確固たる居場所を見出した。」と、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏は評価。「ヨヨがこれからも共に、ここブレーメンで歩み続ける決断を下してくれたことを嬉しく思うよ」と言葉を続けた。

 20才のFWは今季はリーグ戦20試合に出場し、3得点、kicker採点平均3.46をマーク。これまでブンデス1部では58試合に出場して、6得点を決めているところだ。「これまでブレーメンでの進展を見極めていきたいと口にしてきた。それがここ数ヶ月ではポジティブに見られた」と、ドイツU21代表は説明。「ブレーメンでとても居心地よく過ごしているし、これから数年でブンデスリーガーとしてもっといい選手になれると確信している」と意気込みをみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報