ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月13日

大迫勇也、最終調整で先発復帰をアピール

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブレーメンの地元紙ヴェーザー・クーリエのメディアグループである『マイン・ヴェルダー』は、土曜日午後(日本時間22時半)に行われるSCフライブルク戦に向けて、大迫勇也が先発復帰を果たす可能性があることを伝えた。

 今冬に日本代表の一員として参加したアジア杯にて背中を負傷した同選手は、前節のボルシア・メンヒェングラード戦まで欠場を余儀なくされていたものの、復帰戦となったその試合で途中出場から、欧州リーグ出場権を争うライバル相手に貴重な同点弾を演出。大迫のクロスにクラーセンが頭で合わせてゴールネットをゆらして見せている。

 そんな大迫について、フロリアン・コーフェルト監督は「まだフル出場できる状態にはない」ことを明かしてはいるものの、『マイン・ヴェルダー』ではその大迫が最終調整でアピールをみせていたとのこと。

 そのため先日契約を延長したばかりのヨハネス・エッゲシュタインと入れ替わる形で、先発予想としてクルーゼ、ラシカ、そして大迫勇也の先発起用を予想。”少なくとも60分程度は監督がプレーする可能性は高い”との見方を示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報