ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月21日

【親善試合】ブレーメン大迫勇也フル出場、3日間で3勝目

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日に行われたブンデスリーガ最終節では、今季3位のライプツィヒを相手に勝利で終幕を飾ったヴェルダー・ブレーメン。その翌日にはパペンブルクとのテストマッチを行なって4−1で勝利、さらに月曜日には今度は、来季4部から降格するオルデンブルクに7−1と、三日間で3連勝をかざった。

 まず前半19分にユースのパスカル・ハッケンタールからのボールを、ゴール前にフリーでマルティン・ハルニクがシュートを決めて先制。さらに28分には今度は大迫勇也からのお膳立てにより、ユースのメンサー・クオーシーが追加点。ただその4分後にはケーニヒのゴールでオルデンブルクが詰め寄り、さらに同点とするチャンスもあったのだが、逆に前半終了間際にハルニクが追加点。

 後半ではAユースのイフホルストが2得点、U23のシューマッハ、さらには契約を延長したばかりのピサーロが駄目押しをして快勝。ブレーメンは7−1で勝利をおさめ、この三日間で3連勝をおさめた。なお大迫勇也はフル出場している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報