ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月07日

「ブレーメンの飛躍に貢献した」チーム編成担当が、レヴァークーゼンへ

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンは木曜、新たなチーム編成担当として、ヴェルダー・ブレーメンからティム・シュタイテン氏を獲得した。ロルフェスSDは「ティム・シュタイテン氏は、非常に高い要求がなされるこの役職において、長期間に渡り継続して結果を残してきた人物だ」と評価。

 過去にはアーセナルからセルゲ・ニャブリ、今季は中盤の主力として活躍したデイヴィー・クラーセンなどを獲得してきており「特にここ数年におけるブレーメンでの成功や成長に、彼は非常に大きく貢献している」と、言葉を続けた。

 ブレーメンではユースにスカウト担当からキャリアをスタートさせた同士は、ここのところはチーム編成担当としての役割も担っており、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏と共にチーム作りへ勤しんでいる。おそらくはレヴァークーゼンにおいても、スカウトとチーム編成の両方の分野において従事していくことになるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報