ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月14日

遂にブレーメンが、スタジアム命名権を売却

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1947年以来、ヴェルダー・ブレーメンの本拠地であるヴェーザー・シュタディオンは、その名を一度も変えることなく今日まであり続けてきたのだが、2週間前に遂にその命名権を売却することが地元紙によって報道。その後に抗議運動も行われたが、木曜夕方に正式に売却が成立したことが発表されている。

 購入したのは不動産業を営むヴォーンインヴェスト・ホールディング社であり、当初の報道から完全な名称の変更という部分に関しては契約には盛り込まれてはいないとも伝えられていたが、既報通り新名称は「ヴォーンインヴェスト・ヴェーザー・シュタディオン」と発表。

 契約期間は10年で、総額およそ3000万ユーロを手にすることになり、これにより来季は、ボルシア・メンヒェングラードバッハ、ヘルタ・ベルリン、そしてウニオン・ベルリンだけが、スタジアム命名権を保持するクラブということになった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報