ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月27日

二人のCB、ラングカンプとヴェリコヴィッチが離脱中のブレーメン

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヴェルダー・ブレーメンがトレーニングキャンプを行うグラッサウでは、当然の事ながら負傷により長期離脱中のフィリップ・バルグフレーデ(膝の手術)をはじめ、ミロシュ・ヴェリコヴィッチ(足指の骨折)はチーム練習に参加していない。しかしエイバルとのテストマッチ後に行われるチームビルディングや、その後の主将、選手評議会のメンバー選出もあり、コーフェルト監督は両選手も帯同させているところだ。

 さらにそのなかには、ベテランCBのセバスチャン・ラングカンプの姿も。筋損傷を抱えて以来、思いのほか長い離脱期間となってしまった同選手についてはドイツ杯への参加の見通しは厳しく、それは同様に松葉杖でグラッサウ入りしたヴェリコヴィッチについても、ブンデス開幕戦含めいえることだろう。二人のCBが離脱する状況にも、コーフェルト監督はモイサンデルとフリードルの存在を強調したが、それでも「さらに負傷するなら問題を抱えることになる」との考えも示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報