ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月06日

コーフェルト監督「大迫勇也は素晴らしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツのサッカーメディアDEICH STUBEは、先日行われたFCエヴァートン戦後に、大迫勇也に対してフロリアン・コーフェルト監督が賞賛の言葉を送ったことを伝えた。試合後に指揮官は改めて、この試合の大迫について「とてもよかったね」とコメント。幾度となく中盤へと下がり、「ボールを要求」して、効果的に「次のプレーへとつなげていく」ボール配分をみせることは、「選手として素晴らしいことだ」と評している。

 昨季では主にウィングとしてリーグ戦21試合に出場し3得点3アシストをマークした日本代表FWは、今季からはクルーゼ移籍に伴いトップの位置でのプレーとなっており、同メディアでは『この夏ブレーメン最大のウィナー』『まるで新たな戦力』と形容するなど、特に『キラーパスの供給』への期待感を示し、『コーフェルト監督は昨季より遥かに超える数字を期待していることだろうが、現時点ではその見通しは明るい』と言葉を続けた。

 加えて大迫にとってこの夏は、ワールドカップやアジアカップなど代表戦での大会がなく「明らかにフレッシュな状態で戻ってきたね」とコーフェルト監督はキャンプ時に強調。さらにDEICH STUBEでは、ブレーメンでの2シーズン目ではドイツ語もさして問題ではなく、リラックスした練習風景がみられているとのこと。

 そして記事の中で最後に、フロリアン・コーフェルト監督は、大迫について「彼がそういう風に常にみられているわけではないことはわかってはいるがね」と前置きしつつ、「しかしながら、私は彼は本当に素晴らしいと思っている」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報