ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月21日

ブレーメンのバウアー、ロシアのアルセナル・トゥーラへ移籍

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ロベルト・バウアーがヴェルダー・ブレーメンを後にし、ロシアへと向かうことが明らかとなった。これはクラブ側より既に発表がなされたものであり、新天地となるアルセナル・トゥーラでは、「長期契約」を締結したことも発表されている。背番号は4。

 2016年にインゴルシュタットからブレーメンに加入した同選手は、これまでブレーメンではブンデス1部43試合に出場。昨年は当時1部にあった1.FCニュルンベルクへとレンタル移籍しており、復帰した今季も構想から外れる状態が続いていた。

 「移籍当初はうまくマッチしていたのだが、しかし思うように事はうまく運ばなかった」と、ブレーメンでマネージャーを務めるバウマン氏はコメント。「新たな挑戦での成功と健闘を祈っている」とエールを送った。

パヴレンカの移籍は無し

 その一方で昨季はフル出場するなど、守護神として君臨したジリ・パヴレンカについては、他クラブからの関心も寄せられているところだが、「この夏での移籍は全く考えにはない」と27才のGKはコメント。「いろいろ噂は飛び交っている」状況ではあるものの、「僕はブレーメンで目標を達成したい」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報