ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月14日

ブレーメンに10人目の離脱者!今度はマキシミリアン・エッゲシュタイン

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 負傷離脱選手が相次いでいるヴェルダー・ブレーメンだが、さらにマキシミリアン・エッゲシュタインもまた、10人目の選手として怪我人リストへと名を連ねる結果となってしまった。「マキシーは、昨日の練習で中断を余儀なくされてしまったんだ」と、フロリアン・コーフェルト監督は、クラブ公式ページにて説明。「対人戦に臨んだ際に転倒してしまい、それ以来、背中に問題を抱えてしまったんだよ。プレーすることはできない。これは我々にとって当然、痛いことだ」と言葉を続けた。

 さらにヴェルダー・ブレーメンでは、守備の要ニクラス・モイサンデルもまた、負傷により欠場することが明らかとなっており、指揮官としては苦しいやりくりが迫られることになるが、それでもコーフェルト監督は「ウニオン戦では、勝利を収められる、とてもいい選手たちを送り込む」と宣言した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報