ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月05日

ブレーメン、トプラクが再び負傷。フランクフルト戦欠場へ

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に行われるアイントラハト・フランクフルト戦に向けた最終調整にて、ヴェルダー・ブレーメンのエメル・トプラクが途中で中断、試合も欠場を余儀なくされることがクラブ公式にて発表された。最終調整にてベテランCBは、ふたたびふくらはぎに問題を抱えたとのことで、まだ具体的な診断結果については明かされていない。

 「エメルは今週はとてもいい練習ができていた。だからここにきての負傷の一報には驚いているよ。何が起こったのか、具体的にはまだ把握できていない。ただ言えることは、明日はプレーすることはh可能だということだ」と、フロリアン・コーフェルト監督はコメント。「しかし、そこまで大事には至っていないと思うよ」

 今季は数多くの負傷離脱選手に泣かされてきたブレーメン。今節ではトプラクの復帰が期待されていたものの、その思惑は再び先送りされることとなった。ただその一方でボランチのバルグフレーデ、そしてセンターバックのヴェリコヴィッチが戦列復帰。前節ではフリードル、グロース、ラング、ゲブレ・セラシエの4バックで、ドルトムントから勝ち点1を確保しており、コーフェルト監督は「何も状況が大きく変化したわけではない。明日も自信をもってフランクフルトへと乗り込み、そして勝ち点3を獲得したい」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報