ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月07日

大迫勇也も代表戦明けにも復帰?「ここから巻き返し」誓うブレーメン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 欧州の舞台への復帰を目標に掲げシーズンに臨んだ、ヴェルダー・ブレーメン。しかしながら開幕から尋常ではない負傷離脱者に見舞われる苦しいやりくりが続き、第7節を終了した時点で勝ち点8の11位と低迷。しかしそれでも前節から徐々に負傷離脱者が復帰を果たしており、試合終盤で負傷したクラーセンと、前日の最終調整で負傷したトプラクについても、代表戦期間明けからオプションとなる見通しであることが明らかとなった。

 加えてそのヘルタ・ベルリン戦からは、ようやく左サイドバックで欠かせない存在のルードヴィヒ・アウグスティンソン、そして大型FWニクラス・フュルクルークも復帰。さらに長期離脱が伝えられていた大迫勇也についても、この試合から再びオプションとなる期待がもたれ、このヘルタ戦では少なくともジョーカーとして起用される可能性がありそうだ。

 これにより、ようやく主力選手が揃いぶみとなるヴェルダー・ブレーメン。この第8節からが、いよいよ新たな「スタート」を意味することになるのか?マルコ・フリードルは「もちろんだ」と、意気込みをしめした。「この代表戦期間あけから、僕たちは是が非でもヘルタ戦で勝利をおさめたい。目標達成のためには、こういったチームから勝利をおさめていかないと。そしてここから、僕たちは巻き返しをはかっていくんだ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報