ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月13日

ブレーメン、ゲブレシラシエとの契約を延長

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日にヴェルダー・ブレーメンは、契約を今シーズンいっぱいまで残していた、テオドア・ゲブレセラシエとの契約を更新したことを発表した。ただ通例通りにブレーメン側からはその期間は明かされてはいないのだが、おそらくは1年と見られる。

 マネージャーを務める、フランク・バウマン氏は「テオは数年に渡り、重要な主力選手としてあり続けてきた選手だ」と評価。2012年にスロヴァン・リヴェレツから当時のトーマス・シャーフ監督が獲得して以降、これまで同選手はブンデス1部220試合に出場。19得点をマークしてきた。

 「その豊富な経験はピッチ上のみならず、ロッカールームにおいても、団結そしてチームの成功という意味において重要な要素となっている」と言葉を続けており、さらにフロリアン・コーフェルト監督も、「サッカー選手としてのみならず、その人間性という部分」においても、「チームプレイヤー」として非常に評価していることを明らかにしている。

 一方でゲブレシラシエは「このような早い時期に決まってくれて、とても嬉しく思っているよ。家族にとってもこれはとても重要な事だしね」と喜びをみせており、チームはここのところは勝利から見放される展開が続いているところだが、「 僕の目標はあくまで、ブレーメンが欧州の舞台に復帰することにある」と宣言した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報