ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月29日

守備の立て直し急務のブレーメン、主将モイサンデルが引き続き欠場

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フライブルク戦で2−2、グラードバッハ戦で1−3、そして前節のシャルケ戦では1−2という結果を受け、現在は降格圏内となる16位デュッセルドルフと同じ勝ち点で並ぶ、14位のヴェルダー・ブレーメン。

 特にその不審の理由として挙げられるのが、ここまで12試合で24失点を許しているディフェンス面にあり、リーグ内では30失点のマインツを筆頭に、26失点のパダーボルンに続く、3番目に多い失点数となっている。

 それゆえに守備の要ニクラス・モイサンデルの復帰が待ち遠しいところだが、しかしながらベテランDFは腱の負傷から回復しきれておらず、「ヴォルフスブルク戦でもオプションではない」と、フロリアン・コーフェルト監督は説明。「目標は1週間しっかりと練習に参加して、パダーボルン戦へと臨むことだ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報