ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月11日

ブレーメンが待望の補強間近!ケヴィン・フォクト獲得か

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerが得た情報によればヴェルダー・ブレーメンは、TSGホッフェンハイムよりケヴィン・フォクトの獲得間近にまで迫っている模様。週末にも成立する可能性もあるようだ。

 TSGホッフェンハイムでは3バックの中心として守備の要となり、オフェンス面では卓越したビルドアップを披露しニコ・コヴァチ監督就任時にはバイエルンからの関心も伝えられていた同選手。

 まさに守備面の改善、そしてビルドアップ面での改善こそがブレーメンにおける課題であり、さらに守備のオールラウンダーは負傷がちのバルグフレーデに代わってボランチとしてプレーすることも可能だ。


 これまでボーフム、アウグスブルク、そしてケルンにてプレーした経験をもつ同選手は、ブンデス1部通算213試合にてプレーした経験をもち、2016年よりホッフェンハイムへと加入。

 そこでナーゲルスマン監督の下、主将としても活躍をみせCL出場も果たしたが、しかしながらシュロイダー監督の下では一転厳しい状況へとおかれ、主将を辞任するという事態にまで発展していた。契約は2022年まで。


 さらにkickerが得た情報によれば、ルーカス・ルップも移籍の流れにあるようだ。前十字靭帯断裂による昨季を棒に振った同選手は、シュロイダー新監督の下で再び軌道を修正したかに見られたものの、前半戦なかばをすぎてからは再び役割を失う結果に。契約は今季いっぱいまでとなっており、現時点では延長は厳しく移籍金次第では売却へと応じることだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報