ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月25日

ケヴィン・フォクト、古巣ホッフェンハイム戦出場へ

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 レンタル元であるTSGホッフェンハイムとの一戦は、当然のことながらケヴィン・フォクトにとっては特別な一戦だ。だがヴェルダー・ブレーメン移籍後初出場となった前節、味方GKとの不運な交錯により脳震盪を抱えて病院へと搬送。ここまで出場が危ぶまれてきたが、しかしながらフロリアン・コーフェルト監督は「チャンスは高いと見ている」ことを明かした。

 特にフォクトは「チームにとって安定化をもたらすための重要な要素」の一端を担うことが期待されており、「ボランチであっても、3バックであっても、そのポリバレントさ」に加え、「視野の広さ、さらにはここぞという場面でのアグレッシブさ」と持ち合わせている選手。

 「だが決してリスクはおかさないよ。今回の負傷は筋肉系や靭帯とは異なるものなんだ」と念を押してはいるが、「ここまでのすべてのテストはクリアできている。」と出場への期待感を示している。なおこの試合では、筋肉系の問題を抱えていたフィン・バルテルスのメンバー復帰も見込まれているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報