ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月28日

練習中コーフェルト監督が、大迫勇也に檄を飛ばす

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツの大衆紙ビルトは、ヴェルダー・ブレーメンの大迫勇也に対して、練習中にフロリアン・コーフェルト監督から激しい檄が飛んだ事が伝えられた。ブレーメンでは昨年12月14日に行われた、バイエルン・ミュンヘン戦以来、ここまで相手のオウンゴール2得点のみに留まっているところであり、その原因の1つとなっているのが、長期間に渡る大迫の不振にもあると指摘。

 そんな中、練習中にシュートミスをおかした大迫勇也に対して、フロリアン・コーフェルトは「そのボールを相手にぶちかますかゴールに決めろ、そんなのではダメだ!うちは8試合も得点を決めきれていない。前線の君たちはゴール前でもっと貪欲にプレーしていかなくてはならないんだ!」と檄を飛ばしたと伝えた。

 今季のブレーメンは欧州復帰を目標に掲げながらも、シーズンの3分の2が経過した今現在、自動降格圏内となる17位に低迷しているところであり、得点、そして失点ともにリーグで下から2番目という低調な戦いぶりを続けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報