ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月12日

フォクトが練習復帰、トプラクは別メニューのまま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 二日間の休養を経て、水曜日から練習を最下位したヴェルダー・ブレーメン。来週月曜日には、バイヤー・レヴァークーゼンとの戦いが待っているところだが、そこには前節のヘルタ・ベルリン戦にて、肋骨の打撲を受けていたケヴィン・フォクトの姿が見受けられた。その前に行われたドイツ杯16強フランクフルト戦にて、同箇所を負傷していたフォクト。しかしクラブ側の発表によれば、レヴァークーゼン戦までには回復を果たす見通し。

 またクリスチャン・グロースとクラウディオ・ピサーロが負担を考慮して別メニューをこなしていた一方で、ふくらはぎに裂傷をかかえた エメル・トプラクも別メニューをこなしていた。フォクトと同様にフランクフルト戦にて、こちらは後半ロスタイムにコスティッチによるラフプレーで負傷を抱えていたが、ただレヴァークーゼン戦でも引き続き欠場する見込み。

 なお守護神ジリ・パヴレンカの出場については、これからの様子見ということになる。こちらもフランクフルト戦にて内転筋に筋損傷を抱えてヘルタ戦を欠場しているが、今のところは週末の試合での復帰についてはまだ現実的な希望が残されている模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報