ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月26日

ホッフェンハイム、フェイエノールトの若手に注目。ブレーメンも

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これから二人の若手選手がチームを後にすることになるTSGホッフェンハイムだが、その一方でオランダ1部フェイエノールトに所属する18才、マルアン・アザルカンに対して関心を示しているところだ。今季はじめにヤープ・スタム監督の下、エールディビジデビューを果たしたレフティだったのだが、その後に元グラードバッハのディック・アドボカート監督が就任すると出場機会は得られず、冬季キャンプでのホッフェンハイムとのテイストマッチでも、その姿を目にする事はできなかった。

 ただ左ウィングを主戦場とし、ドリブルとスピードに長けた若手選手に対しては、同国出身のアルフレッド・シュロイダー監督は注視。しかしながら同選手に対して関心を抱いているのは、ホッフェンハイムのみにとどまらず、同じブンデスリーガのヴェルダー・ブレーメンもフェイエノールトにて育成され2021年まで契約を残す同選手へと関心を示しているところだ。

ジープとオナナが退団

 新戦力の獲得を意味するところは、他の選手の移籍を意味することにもなる。現在ホッフェンハイムの若手選手のうち、2選手については、来季よりアマドゥ・オナナ(18)がブンデス2部ハンブルガーSVへ、アルミンド・ジープ(17)がバイエルン・ミュンヘンへ、それぞれ満了に伴い退団し移籍することとなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報