ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月22日

ブレーメン、ゲブレ・セラシエが足首を負傷

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ残留に向けて、崖っぷちにたった状況で最終節を迎えることとなった、ヴェルダー・ブレーメン。しかしながらそのケルン戦にて、テオドア・ゲブレ・セラシエを欠いて臨むことを余儀なくされるかもしれない。同選手は足首に負傷を抱えているという。

 これはクラブ側から日曜午後に発表されたものであり、ゲブレ・シラシエはマインツ戦のハーフタイム前に交代しており、チームドクターのダニエル・ヘルマン医師の診察を受け、そこで左足首ん捻挫が確認されている。

  「腫れや痛み次第では、1週間の間でどこまで負荷を増やしていけるか、ケルン戦で出場できるかどうか、日々テオの様子をみていくしかない」と、フロリアン・コーフェルト監督は語った。

 なおこのケルン戦は17位ブレーメンにとって、ブンデスリーガ残留をかけた最後のチャンスということになる。この試合でブレーメンは勝利をおさめなくてはならないと同時に、勝ち点差2、得失点差4という状況にある16位デュッセルドルフのの状況にも目を向けなくてはならない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報