ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月10日

大迫所属のブレーメン、コーフェルト監督続投へ

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フロリアン・コーフェルト監督が引き続き、ヴェルダー・ブレーメンにて指揮を執り続けることが、複数のメディアによって報じられた。昨年では期待の若手指揮官として注目を浴びていた青年指揮官は、2023年まで契約を残していたものの、ここのところは退団の噂が浮上していた。

 先日ヴェルダー・ブレーメンではクラブ内にて、本来は欧州舞台への復帰を目指しながらも最後まで残留争いを強いられた今シーズンを分析、そこではコーフェルト監督についても議題として挙がっていた模様。特にコーフェルト監督については、シーズン終盤に監督交代へと踏み切ったTSGホッフェンハイムより後任監督候補としてリストアップされていることが伝えられている。

 なおドイツ通信社によれば、本日金曜日にもブレーメンは記者会見を開き、そこでマルコ・ボーデ相談役会会長をはじめ、各首脳陣(バウマン氏、フィルブリー氏、ヘス・グリューネヴァルト氏)と共に、コーフェルト監督も出席する形で、シーズンの分析結果について発表を行う見通し。ちなみに木曜日には特に、ヴェルダー・ブレーメンからは発表などは行われなかった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報