ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月30日

ブレーメンが守備陣補強、パトリック・エラスを獲得

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヴェルダー・ブレーメンは新シーズンに向けて、守備陣の補強へと成功した。ボランチを主戦場とする、パトリック・エラスを移籍金なしで迎え入れている。同選手に対する関心については、kickerでは7月なかばにもお伝えしていが、首脳陣は夏季準備期間前に獲得を完了させた。
 
 なおこれまで所属していた1.FCニュルンベルクとの契約は、今夏で満了となっていたものの、それまで重視されていないと感じていたマネージャーのパリクカ氏の後任、ディーター・ヘッキング氏と火曜日に代理人が話し合い。しかしエラス側はブンデス復帰へのチャンスを逃したくはないと考えていた。

 23年前にニュルンベルクに加入し、これまでトップチームではブンデス1部19試合、2部61試合、4部相当44試合に出場してきた25才は、ボランチのみならずセンターバックとしてもプレー可能な右利きの選手であり、オフェンス面においても空中戦に長け、昨季の3得点の全てがヘディングによって決められている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報