ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月09日

ブレーメンのミロト・ラシカ、移籍を踏まえて練習試合欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏最初のテストマッチを日曜午後に行っているヴェルダー・ブレーメンだが、しかしながらその試合でミロト・ラシカが不在となっていた。特に同選手については、同じブンデスリーガ内のRBライプツィヒより関心が伝えられているところであり、「移籍に関して不透明な状況ということから、我々は一緒に出場しないということで決断した」と、フロリアン・コーフェルト監督は説明している。

 その他この試合では、主将のニクラス・モイサンデルも欠場。こちらについては、ふくらはぎの筋肉に過度伸展が見られているところであり、34才のベテランCBについて指揮官は「これまでの負傷の歴史を考えれば、慎重を期していき、リスクをおかすようなことはしないよ」と説明。また足首に負傷を抱えるグルエフ、そして筋損傷から回復を目指しているミロシュ・ヴェリコヴィッチも欠場となった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報