ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月23日

ブレーメン、クラーセンが練習中断、サージェントは不参加

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日の午後、気紛れたツェラータール渓谷の天候は、ここで準備を進めるヴェルダー・ブレーメンを足止め。午前中では明るい日差しの下で練習に汗を流していたものの、午後3時半に予定されていた練習は雷雨を伴う大雨により、文字通り水に流された。おそらく夕方には何かしらのアプローチをしてくるだろうが、ただその一方で心配なニュースも届いている。

 デイヴィー・クラーセンは金曜午後の練習にて、シュートを試みた際に足を取られており、その後も練習を継続し土曜朝も参加はしたものの、しかしながら早々にその場を後にする事を余儀なくされた。これから負傷具合をはかるために、日曜日に精密検査をうけることになる。

 「現時点では、そこまで深刻なものとは想定していないよ」と、プロ選手部門担当のクレメンス・フリッツ氏はコメント。むしろ今回の検査については念のためという意味合いが強いようだ。現時点をみる限りでは。

 また土曜日の練習では、前日に足を捻っていたジョシュ・サージェントも練習参加を見合わせているが、ただこちらについては来週にも復帰の見込みだという。しかしそれでも月曜に行われるオーストリア・ルステナウとのテストマッチは欠場することになるだろう。同じくクラーセンの出場も現時点では見込めない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報