ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月26日

ブレーメンのプログマン、フリンクス監督の下で武者修行

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 SVヴェルダー・ブレーメンは、20才の若手GKルカ・プログマンを、1年間の期限つきにて、ブンデス3部SVメッペンへとレンタル移籍させることを発表した。ただそれに際してブレーメンでは、同選手との契約延長も結んでいる。

 「ルカは大きなポテンシャルをもった才能あるGKであり、ステップアップに向けてブンデス3部にて、高いレベルでの実戦経験が求められるよ。メッペンは野心的な3部のクラブであり、ブンデス4部相当のセカンドチームにいたルカにとって良い場所だ」と、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏は語った。

 2007年にブレーメンに加入し、これまで一貫してユースチームにて育成されてきた同選手は、ブンデス4部相当にて37試合に出場。昨季のフランクフルト戦では、負傷のパヴレンカに代わり、後半57分からブンデスデビューを果たしている。

 メッペンのベックマン競技部門役員は、「ルカのような才能あるGKを加えられた」ことに喜びをみせた。ちなみに同クラブでは、かつてブレーメンで長年に渡り活躍した、元ドイツ代表MFトルステン・フリンクス氏が監督を務めているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報