ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月07日

ブレーメン、パヴレンカが代表から既に復帰。チョンは代表合流せず

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ジリ・パヴレンカが本来の予定よりも前倒しする形で、所属元であるヴェルダー・ブレーメンへと復帰した。参加していたチェコ代表チームのメンバー2人にコロナ陽性反応が確認されたためであり、金曜日にスロバキアにて行われた試合後、全選手を所属クラブへと戻している。

 ブレーメンでは保険当局と相談の上、パヴレンカは到着後すぐにコロナ検査を受けており、火曜日に再び検査を受けるまで、チームメイトとの接触は避けられるとのこと。共に陰性が確認された場合のみ、水曜日から再び練習へと参加することになる。

 また先日行われたレーデンとのテストマッチ後に、本来はオランダU21代表へと合流予定となっておりチームメイトに別れを告げていた、今夏マンUからレンタルで加入中のタヒス・チョンだったが、しかしながら最終的に同代表監督は金曜日のベラルーシ戦と同じメンバーで戦うことを決意したのだろう、協議の結果でチョンは母国オランダには飛ばずドイツ杯に向け引き続き準備を進めることとなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報