ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月29日

ブレーメンのクラーセンに、アヤックスが獲得目指す

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヴェルダー・ブレーメンでの今夏の移籍市場の話題といえば、RBライプツィヒやアストン・ヴィラ等からの関心が伝えられた、攻撃の要ミロト・ラシカの去就だが、その閉幕を1週間後に控えた月曜夜、今度は中盤の要デイヴィー・クラーセンに対する関心が浮上した。

 同選手の母国オランダの”De Telegraaf”や “Voetbal international”が伝えたところによれば、オランダ歴代王者アヤックス・アムステルダムが獲得を目指して具体的に動きにでているという。すでにブレーメン側にもその関心を伝えているようだ。確かにクラーセンはブレーメンにとって欠かせない存在ではあるものの、それでも適正な価格が提示されれば応じることになるだろう。

オランダ代表として16試合の経験をもつ27才は、ドルトムントへと移籍したトーマス・デラニーの後釜として、エヴァートンから2018年に加入。ブンデス1部68試合に出場して12得点をマークしており、今季も開幕から2試合連続で先発。ドイツ杯初戦では後半開始から出場している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報