ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月12日

ユリアン・ブラントの弟ヤシャ、ブレーメンのトップチーム初参加

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブレーメン出身のドイツ代表ユリアン・ブラントが、水曜日に行われたチェコ代表とのテストマッチとして、代表34試合目を戦ったその翌日に、今度はその弟であるヤシャ・ブラントが、ブンデスリーガーに向けての更なる1歩と記すことになる。

 ヴェルダー・ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は、離脱者を考慮してセカンドチームやユースチームから複数の選手をトップチームの練習へと参加。そのなかにヤシャ・ブラントの名前も含まれていたのだ。トップチームでの参加は、ブラントにとってはじめてのこと。

 ちなみに兄ブラントは、同じブレーメンでもFCオーバーノイラントを経る形で、その後はVfLヴォルフスブルクへと移籍。そこでブンデスリーガーへの階段を駆け上がった。そんな攻撃的MFの兄とは、7つ年下のヤシャは左サイドバックを主戦場としており、ブレーメンとの契約は2022年夏まで残しているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報