ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月11日

ブレーメンのゼルケが大腿を負傷

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末には古巣RBライプツィヒとの一戦が控えるダヴィー・ゼルケだが、ヴェルダー・ブレーメンは元ドイツユース代表FWを欠いてこの試合に臨むことを余儀なくされるかもしれない。

 同クラブが木曜日に発表したところによれば、ゼルケは練習中に大腿に問題を抱えたために、途中で中断したという。そのため今節は金曜日に試合が控える中で、これから出場への判断が迫られることになった。

 2015年にブレーメンからライプツィヒへと移籍しあゼルケは、その後にヘルタ・ベルリンを経由して昨季にブレーメンへと復帰。今季はここまでリーグ戦6試合に出場して、前節のシュトゥットガルト戦では今季2得点目を決めている。

バウマン氏と延長へ

 kickerが得た情報によれば、ヴェルダー・ブレーメンはフランク・バウマン競技部門取締役との契約との延長に向けて、すでに交渉を開始しているところであり、クリスマス前にも合意に達しても不思議ではない展開をみせているようだ。同氏との契約は今季いっぱいまでだが、今回は単年での更新が見込まれている。

 このように短期間での契約をなる理由は、決してクラブ側からの信頼の薄さを表したものではなく、クラブ内における組織面での問題であり、それがクリアとなった暁には改めて長期契約の判断が下されることになるようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報