ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月29日

ラシカ、後半戦も引き続きブレーメン残留か

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来週月曜日まではブンデスリーガでは、今冬に移籍市場において動きに出ることができる。ヴェルダー・ブレーメンにとってはバックアップGKの補強を視野に入れているところだが、その一方で「適切なオファーが届くなら」ば、ミロト・ラシカの売却にも応じる用意はある。だがここまでは、フランク・バウマン競技部門取締役が明かしたように「特に具体的なオファーがあるわけでははない」というのが現状だ。

 そのためコーフェルト監督もむしろ、引き続きラシカを構想に加えられると前向きにみているところであり、体調面でも大腿筋の負傷から「改善が見受けられている」」コソボ代表について、今は「先発出場が厳しいというシグナルは、特に見受けられないね」とコメント。これから「後半戦で非常に良いプレーをみせてくれるものと大いに期待している」と語った。

コイパーが再びレンタル移籍


 ヴェルダー・ブレーメンは木曜日、オレ・コイパーがスロバキア1部FCニトラへと、今シーズンいっぱいまでの期限つきでレンタル移籍することを発表した。2017年12月にブンデスリーガデビューを果たすも、その後のトップチームでの出場はドイツ杯1試合のみにとどまっていた24才のMFには、新天地で実戦経験を積むことが期待されているところ。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報