ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月06日

ブレーメン、フュルクルークが3週間前倒しで復帰へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 3週間前にニクラス・フュルクルークが足首を負傷し離脱を明らかにした際、ヴェルダー・ブレーメンでは2月下旬の復帰の見通しを示していた。しかしなながら既に今週末に行われるアルミニア・ビーレフェルト戦より、「出場する可能性がある」ことをフロリアン・コーフェルト監督が明言。

 既にチーム練習復帰を果たしており、「15〜20分」の出場に耐えうるかの判断を下すことになる。「彼のポジション(CF)の場合、試合展開によってそれだけでも意義がある。それにこれまでにも彼は即座に試合勘を取り戻せることを示してきた。だから最終調整で問題がなければメンバー入りすることになるよ。」

 その他ではリハビリに励むパトリック・エラスを除き、全ての選手がオプションということになり、ダヴィー・ゼルケやクリスチャン・グロースについても、まだ先発までは時期尚早だろうが「試合の半分以上でプレーできる」コンディションにあることを強調した。

 ちなみに気象庁の発表によれば今回の試合開催地ビーレフェルトでは、降雪の見込みであることが発表されているのだが、しかしながらコーフェルト監督は特にそれを危惧することなく、「ビーレフェルトではピッチをできる限り良い状態に保つよう、人事を尽くすことを誓っている」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報