ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月01日

ドイツ杯ブレーメンvsレーゲンスブルクは中止か

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜夜に開催が予定されているドイツ杯準々決勝、ヴェルダー・ブレーメンvsヤーン・レーゲンスブルクとの一戦は、レーゲンスブルク側にてコロナ検査の結果、陽性反応が確認されたことにより開催自体が危ぶまれている。

 そもそも先週金曜日の時点で同クラブのメルサド・セリムベゴヴィッチ監督から陽性反応が確認、そのため週末のSCパダーボルン戦での欠場を余儀なくされており、さらにクリスチャン・ケラーSDが伝えたところでは、さらに「いくつか」の陽性反応が確認されているという。

 そのためもしもクラブとして、サポートチーム全体で隔離に入らなくてはならない場合には、必然的に明日夜に控えるドイツ杯ブレーメン戦での出場は不可能ということに。ただ今のところはまだ、担当当局やドイツサッカー連盟などからの公式の見解は発表されていない。また結果次第では、その後のリーグ戦にも影響を及ぼす可能性は十分にあるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報