ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月28日

ミャンマー戦は『大迫ショー』、日本代表が大勝でW杯2次予選突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日本代表がアジア2次予選突破を確定させた。金曜夜に行われたミャンマー戦にて10−0で大勝をおさめ、これで6試合すべてで全勝。とりわけ大迫勇也はこの日、5得点の大活躍をみせつけてみせた。

 最初の得点まで、さほど時間を要することはなかった。南野拓実と鎌田大地によるワンツーから先制点が生み出されると(8分)、もはやサムライブルーの勝利を疑うものはなく、大迫勇也がまず長友のクロスを頭で(22分)、さらにPK(30分)と続くダメ押し弾(36分)など、わずか14分間でハットトリック(36分)を達成。

 それにとどまることなく後半でも2得点を加え、最終的に日本代表は10−0と圧勝。すでに試合開始前から、5試合で5勝、得失点差27と、日本代表は圧倒的な優位な立場にあったが、今回の勝利でまだタジキスタン戦、キルギス戦と2試合を残しながらも、すでに2次予選突破を確定させている。

 なおブンデスリーガからは大迫勇也(5得点)、そして鎌田大地(1得点)がフル出場。遠藤航は後半69分までプレーし、先日にウニオンへの移籍が発表された原口元気は後半62分から、これまでハノーファーで同僚だった室屋成は後半立ち上がりから起用された。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報