ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月29日

ブレーメン、「数日以内には」次期監督を発表

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かに41年ぶりとなるブンデス2部降格の傷はまだ深いが、それでも時間は無情に来季開幕戦に向けて進み続けており、嘆き悲しむような時間の余裕などない。「土曜日に感じた悲しみ、怒り、虚無感が数日に渡って続いていること自体は、至って普通のことだと思うよ」と、バウマン競技部門取締役はコメント。

 ただその一方で、次期監督候補を「3人ほどリストアップしている。ただより広い視野と印象をもつため、2回目の話し合いを行なっているところだ。現在は選考の最終段階にある。新監督については、数日以内には発表することができるだろう」と語った。

 ところでブレーメンではどういったプロセスを経て決定が下されていくのだろうか?「紹介状をもらい、元スタッフや選手、上役にも話を聞く。またスポーツ心理学者も候補者をチェックしており、コミュニケーションの専門家と共に公の場でどのような印象かも分析する」と説明。

 「プレースタイル、どれほどの得点を決めたか、パフォーマンスを比較し結果はどうでたか、なども決定的な要因となるよ」とも述べている。「来季の重圧は非常に大きい。非常に多くの試合で有利にみられるだろうし、選手をよりよくでき、また若手と共に取り組んでいく、明確さをもった監督が必要だ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報