ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月21日

フレデリク・アウルスネス、ブレーメンへの移籍に前向きか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ノルウェーのトップクラブ、モルデFKの主力選手として活躍する、フレデリク・アウルスネスに対するヴェルダー・ブレーメンからの関心は、これまで既に伝えられてきたことだが、日曜日に同選手自身が「Eurosport」の取材に応じ、「ブレーメンからのオファーに、クラブがどう考えているかはわからないけど、僕自身には考えがある」とコメント。「だから今後の成り行きを見守ることになるよ」と語った。

 この発言を聞く限りは、すでに今季ブンデス2部降格を喫してしまったブレーメンと移籍で合意に達しているような印象を受ける。フランク・バウマン競技部門取締役は「あまたいる候補者の1人」という言い方に留めていたものの、マキシミリアン・エッゲシュタインの退団を想定しているなかで、中盤の補強の必要度は非常に高い。

 6月6日には、現在参加しているユーロ2020にて、ノルウェーA代表デビューも果たしたアウルスネス。クラブとの契約は年内いっぱいまでとなっており、「ノルウェーで最も優れたMF」とオーレ・エリック・スタヴラム監督が表するモルデではあるものの、そこまで多くの移籍金は期待できないだろう。なおブレーメンは先日、フリートランスファーにてデンマークのブレンビーIFから、アンソニー・ユングを獲得している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報