ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月23日

ブレーメンと契約解消のコイパー、3部メッペンへ移籍

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス3部SVメッペンが、ヴェルダー・ブレーメンからオレ・コイパーを獲得したことを発表した。この日にブレーメンとの契約を早期に解消したことが発表されていた24歳は、このたび新たに2年契約にサインしている。

 「力強いMFで、うちのプレーの創造性をより豊かにしてくれることだろう」と、ベックマンSDは獲得について喜びのコメント。「彼のもつそのクオリティに、確信を抱いている」と言葉を続けた。
 
 ブレーメンに生まれ、2005年にヴェルダーのユースチームの門を叩いたコイパーは、それ以降すべてのユースを経て、ブンデスリーガデビューも達成するも、それはわずか1試合にとどまっているところ。

 その後アウエ、イェナへとレンタルを経て、そこで今回のSVメッペンにて現在指揮官を務める、リコ・シュミット監督と対面。最近ではスロバキアのFCニトラにレンタル移籍していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報