ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月27日

ブレーメン、リリム・カストラティに関心も金銭面で交渉難航

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部ヴェルダー・ブレーメンは、開幕戦となったハノーファー96戦でも露呈していた、ウィング不足の解消に向けてリリム・カストラティをリストアップしているようだ。これはスカイが報じたものであり、クロアチアのディナモ・ザグレブに所属する22歳のコソボ代表は、確かにテクニックでは多少難はあるものの、その圧倒的なスピードにより求める選手像にマッチしているといえるだろう。

 だが当初ブレーメン側はレンタルでの獲得を目指していたものの、ディナモ・ザグレブ側が求めている買い取り義務の負うことは求めていないなど、金銭面で交渉は難航。2020年に獲得した際の200万ユーロを求めているようだが、ただ昨季クロアチアでリーグ戦36試合のうち、13試合のみ先発した選手という点で、決して安い金額とはいえない。

 その一方でGKステファノス・カピーノは開幕戦のベンチにも入っておらず、私服でスタジアムを訪問。記者会見における正式な理由は、わずかな筋肉系の問題とのことだが、このまま留まることは考えにくく、今週中にも移籍の運びとなるかもしれない。すでに海外に数カ所、ブンデスでも1箇所から関心があるようで、DEICHSTUBEはバーゼルあらの関心も伝えた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報