ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

スカパー!ソース: |  2021年08月30日

大幅入れ替えのブレーメン、アンファング監督「やっと移籍期間が終わる」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部降格を喫したこの夏の移籍市場は、ヴェルダー・ブレーメンにとってまさに激動の一言に尽きるものであったが、さらにケヴィン・メーヴァルトも現在は、ウニオン・ベルリンへの移籍へと迫っているところ。

 数百万ユーロ規模の契約で決着を見ることになりそうだ。果たしてブレーメンはその穴埋めとなる補強へと動くことになるのか?マルクス・アンファング監督は敢えて予想を口にすることはなく、「やっと移籍期間が水曜日に終了するね」と喜びの表情を浮かべている。

 ブレーメンではこの夏、ルードヴィヒ・アウグスティンソン、マキシミリアン・エッゲシュタイン、大迫勇也ら主力選手らをはじめ大量の選手がクラブを後にし、代わりにアンソニー・ユング、ニコライ・ラップ、マルヴィン・ドゥクシュら新戦力を獲得し、チーム再建をはかっているところだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報