ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月21日

ブレーメン、クレメンス・フリッツ氏からコロナ陽性反応

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マルクス・アンファング監督の辞任に揺れたブンデス2部ヴェルダー・ブレーメンだが、土曜のFCシャルケ04戦ではさらにクレメンス・フリッツ氏の姿も見られなかった。有資格部門、スカウト部門担当の40歳からはコロナ陽性が確認されており、すでに隔離へと入っているという。

 クラブ側からの発表によればフリッツ氏からは、ここまではまだ特に症状のようなものはみられていないという。そして私生活に中で受けたコロナ検査の結果で陽性反応が確認されたとのこと。チームドクターは「保健当局と密に連絡をとっている。今回の隔離は彼のみに影響するものだ」と説明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報