ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月03日

エクダルとスパヒッチが復調。ハリロヴィッチの行方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


徐々にハンブルクのけが人リストから光明が見えてきた。エミル・スパヒッチの復帰の可能性について、ギズドル監督は「可能性はある」とコメント。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表CBはチームメイトらとともにピッチで汗を流している。

同じく復帰の可能性があるのが、アルビン・エクダルだ。すでにギズドル監督の気持ちは固まっている模様で、火曜日からチーム練習に復帰したスウェーデン代表CBについて「見ている分にはいい感じだよ」と語った。

ハンブルクではCBを本職としてオプションとなっているのはジュルーのみという状況であり、ここのところは若手MFユングが代役を務めている。そこでスパヒッチの復調は朗報だが、ボランチを本職とするエクダルも、ギズドル監督の下ではCBとしてプレーしたこともある。

一方で今夏にバルサからレンタルで加入するも、ラバディア前監督時代から役割を得られていなかったアレン・ハリロヴィッチについては、現在は膝の問題で離脱が続いており、レンタル期間は今季いっぱいではあるものの、今冬でのレンタル解消の話も浮上しているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報