ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月06日

ヘンケAC「ハーゼンヒュットルもインゴルシュタットを知っている」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

henke8-1481029440
前節にハンブルクに交わされ、遂に最下位に転じたインゴルシュタット。ヘンケACは「危機的状況にあるし、最近の戦いではパフォーマンスに見合ったものとはいえない。ただ得点チャンスはしっかりといかさないとね」と振り返った。

なおヘンケ氏は、昨年までインゴルシュタットで監督を務め、そして今節ライプツィヒの指揮官として戦うハーゼンヒュットル監督のACを務めた人物でもあるが「もちろんハーゼンヒュットル監督のことはよく知っているが、逆に彼もインゴルシュタットのことをよく知っている。」とコメント。

共に移籍することは「考えなかった。残りたかったのでね。ここのモデルは加入したときから信じ続けている。」と明かし、現在のライプツィヒの飛躍については、「個人的には国内だけにとどまるようなクラブだとは思わなかったし、スポンサーが求める限りその可能性は高く上がっていくものだ」と説明。

またヴァルプルギス新監督の印象については、「マイクはしっかりと自分の考えを伝える指揮官で、オープンに他の人の意見にも耳を傾ける人物だ。それに精力的に分析も行う監督だよ。」との見方を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報