ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月09日

ヴァルプルギス監督、ライプツィヒ対策に自信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wal800-1481211683
「本当に随分と勝ち点差がついているよね、彼らでさえここまでとは思わなかったのではないか?」そうマイク・ヴァルプルギス監督が語ったのは、バイエルンやドルトムントを抑え、単独首位に立っているライプツィヒだ。

「サプライズを演じている昇格組が相手だが、我々としてはそれでもいい戦いをみせて行きたいと思う。彼らはスピードと正確性をもったプレーをみせるが、我々としても自分たちのいいところを発揮していきたい」と指揮官。「選手達に100%の確信を持っているし、うまくことが運べばどんな可能性だってあるさ。」と言葉を続けた。

「もちろんインゴルシュタットの選手のことは知っているだろうが、我々だってライプツィヒのことをうまく分析し、同じ理由から彼らのことはよく知っていると思っている。弱点はピックアップしているよ。」

そのライプツィヒのことを「プレーに対する考え方はわかっているし、彼らのいいところも悪いところもわかっている。」と語るのは、昨季まで在籍したアンソニー・ユングだ。

スットナーの出場停止で先発出場が見込まれているDFは「もちろん警戒しているけど、でもいい準備は行えるさ」と述べ、「ただ苦しめるにはトップパフォーマンスを発揮しないとね。勝ち点差は大きいけど、でも彼らを苦しめるクオリティはある」と意気込みを見せている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報